盗まれた手紙

The Purloined Letter

Photo by Dimitry Anikin on Pexels.com

エドガー・アラン・ポーによって1845年に書かれた推理小説「盗まれた手紙」は彼の短編推理小説の中で特に名高いものとされています.今回、私はこの作品に敬意を払いつつ、私的利用を超えない目的のため翻訳を試みました.この作品の著作権は既に失効しているためパブリックドメインとしてどなたでも英文で閲覧することができます.拙訳で大変恐縮ですが、原文との対訳でお楽しみくださると幸いです.さて、なぜこの作品を紹介することになったのか.それは後の記事でわかるかもしれません.お楽しみに!

【1】At Paris, just after dark one gusty evening in the autumn of 18––, 

【2】”The thief,” said G., is the Minister D––,

【3】”This is barely possible,” said Dupin.

【4】In about a month afterwards he paid us another visit,