温故知新

安佚ならざる日々  ここ数日、私にとって重苦しい時間が過ぎている.陰鬱で重苦しい一秒一秒は容赦なくて、ひたすら [...]

Gitanjali: 2

 ラビンドラナート・タゴールによる「ギタンジャリ」の序文はウィリアム・バトラー・イェイツによって記されたもので [...]

Gitanjali: 1

 イエーツからタゴールへ.ラビンドラナート・タゴールの著作、ギタンジャリから、序文の一部を抜粋.以下はイエーツ [...]

妄想の問題

はじめに  安永浩によるファントム空間論の序論を追っている.これで六回目だ.だというのに、まだファントム空間の [...]