フォン・ドマルスの原理

統合失調症の患者は『述語が同一であるとその主語を同一視するようになる』という原則に従って行動する.(XがZである、YはZである、故にXはYである) Eilhard von Domarusによって考案された.

コメントを残す