老子

« Back to Glossary Index

 中国、春秋時代の末期の思想家で道家の祖とされる.司馬遷の「史記」列伝によれば、河南省に生まれて周王室の下級役人となり、孔子が彼のもとを訪れて礼の教えを受けたこともあるが、やがて周の衰えるのを予感して隠棲しようと西へ赴き、途中の関所で関守に請われて「道」に関する上下二篇の書物を与えていずこにか去ったとあり、200歳の年月を生きたともある.彼の人物像は、実在した複数の人物についての伝承から後世の人が形作ったものと思われる.著書「老子」は主として儒家の学説への批判であり、孔子が彼のもとを訪れて教えを受けたという伝説もそういう立場からの後世の仮託かもしれない.人間の真の理想は人為的なことを図ろうとしない自然な姿「無為自然」にある.この「無為自然」は隠者の生活によってはじめて可能になり、この思想うあ生き方の秘訣を表したものが「道」である.莊子がこれを継承したので「老荘思想」という.後世の道教は老子を祖として尊ぶが、道教の教理と老子の学説との直接的関係は少ない.Lao-Zi

« Back to Glossary Index

投稿者:

吾郎

2020年6月にブログ開設.生き延びるための様々な問題を精神病理学に基づいて取り扱っています!ぜひぜひ気軽に遊びに来て下さいね.Our articles include essay, translation, study about literature, psychiatry(psychopathology), humanities.