適応障碍

« Back to Glossary Index

適応障碍は、特定可能なストレス因に対応する不安・抑うつや自律神経症状など心身の反応が生じる因果に商店を当てて診断がなされ、DSM-5ではストレス因から3ヶ月以内に発症し、6ヶ月以上持続しない(6ヶ月以上千円した場合は診断を変更する)とされている.ストレス因と本人側要因(パーソナリティ・認知・行動特性)の関数として発症するため、同一のストレス因に対する個人の反応が異なることを前提としている.環境因がストレス因の際に環境を変更しても同様の症状が出現する場合は本人側要因が大きいと判断する.ストレス因調整や対処方略変更など心理社会的支援と必要な薬物療法を行う.Adaptive Disorder.

« Back to Glossary Index

投稿者:

吾郎

2020年6月にブログ開設.生き延びるための様々な問題を精神病理学に基づいて取り扱っています!ぜひぜひ気軽に遊びに来て下さいね.Our articles include essay, translation, study about literature, psychiatry(psychopathology), humanities.