双極性障碍

« Back to Glossary Index

双極性障碍はうつ状態と躁状態を繰り返す慢性疾患である.人本の有病率はI型とII型をあわせて0.7%程度である.双極性I型障碍は、一覧性焼成時の両者で89%の発症率を示す遺伝性の高い疾患である.自分の将来に大きな不利益を生じさせるなど、日常生活に著しい支障をきたすような明白な躁状態を呈するものが双極I型、周囲に迷惑がかかるほどではないが、周囲から躁状態にあるとわかるレベルの軽躁状態を呈するものが双極II型である.双極性障碍であっても、主観的にうつ状態は苦痛で期間も長いため、実際にはうつ病の診断・治療を受けている人も多い.いつ状態のクライエントに躁病エピソードの既往が」なかったかを確認することは必須である.躁状態の歳には病識がもてず、本人爽快感が強いため、自発的な治療導入・継続が困難で、取り返しのつかない経済的・社会的損失を被る場合もあり、非自発的入院が望ましい場合もある.気分安定薬を中心とした寛解導入・維持を目標とした薬物療法が基本であるが、治療継続への動機づけや心理支援、対人関係・社会リズム療法など心理社会支援・治療も併用する.Bipolar Disorder.

« Back to Glossary Index

投稿者:

吾郎

2020年6月にブログ開設.生き延びるための様々な問題を精神病理学に基づいて取り扱っています!ぜひぜひ気軽に遊びに来て下さいね.Our articles include essay, translation, study about literature, psychiatry(psychopathology), humanities.