地域包括ケアシステム

« Back to Glossary Index

現代の医療の進む方向を示す2つのキーワードは「地域包括ケアシステム」と「多職種協働」である.世界で最も早く超高齢化社会に直面する日本では、65歳以上人口は2042年の約3900万人でピークを迎え、その後も75歳以上人口割合は増加し続ける.団塊の世代が75歳以上となる2025年以降、国民の医療や介護の需要がさらに増加することが見込まれている.可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最後まで続けられるように、医療のみならず、住まい・医療・介護・予防・生活支援を一体的に提供することを地域包括ケアという.このシステムは、保険者である市区町村や都道府県が地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて作り上げていくものである.Community-based integrated care system.

« Back to Glossary Index

投稿者:

吾郎

2020年6月にブログ開設.生き延びるための様々な問題を精神病理学に基づいて取り扱っています!ぜひぜひ気軽に遊びに来て下さいね.Our articles include essay, translation, study about literature, psychiatry(psychopathology), humanities.