防衛機制

 意識することで不安や不快をもたらす欲動を無意識化することによって排除し、主観的な安定を得ようとする自我の働き.ジークムント・フロイトはヒステリーで抑圧、転換、強迫神経症で隔離や反動形成、恐怖症やパラノイアで投影などの防衛機制を記載した.精神病的防衛機制は、分裂、否認、原始的理想化、躁的防衛など乳児期に見られる原始的な防衛機制をいう.

« Back to Glossary Index

コメントを残す