妄想

« Back to Glossary Index

妄想とは、不十分な根拠に基づく強固な確信性と合理的な説明や反証による訂正不能性をもつ、教育的・文化的背景からみて不合理な信念と定義される.突然に不合理な思考が浮かび、直感的事実として確信される場合を一次妄想という.妄想気分(周囲の世界に意味が満ち溢れ、何か恐ろしいことが起きそうな不気味な感じがする)、妄想知覚(正常な知覚から直接妄想的な意味付けをする)、着想妄想(突然妄想を思いつく)などがある.二次妄想は、主観的体験に対する発生的了解(本人なりの意味付け)として生じる妄想である.この他、躁状態における血統妄想、宗教妄想、発明妄想など誇大妄想や、うつ病における罪業妄想、貧困妄想、心気妄想など微小妄想、聴覚障碍者の一部にみられる迫害妄想がある.奇異な体験として作為体験があり、考想吹入や思考奪取、考想伝播がある.Delusion.

« Back to Glossary Index

投稿者:

吾郎

2020年6月にブログ開設.生き延びるための様々な問題を精神病理学に基づいて取り扱っています!ぜひぜひ気軽に遊びに来て下さいね.Our articles include essay, translation, study about literature, psychiatry(psychopathology), humanities.