解離性障碍

« Back to Glossary Index

解離とは、意識・注意・認知行動機能の一過性変容であって、意識.記憶・同一性・情動・近く・身体表象・運動制御・行動の正常な統合が破綻、不連続となる病態を指す.解離性同一性障碍とは、二つの以上のパーソナリティが出現、記憶や事故の同一性の破綻、不連続のために苦痛や生活上の師匠が出現しする病態をいう.鑑別に統合失調症、側頭葉てんかん、レム睡眠行動障碍、一過性全健忘がある.

離人症は、離人感(「自分が自分でない」「感情が感じられない」)や幽体離脱体験、現実感消失(視覚や聴覚の歪みを伴うこともある)が出現する.

解離性健忘とは、原曲的・選択的なエピソード健忘と生活全般におよぶ全生活史健忘とがあり、自らの健忘を自覚していないことも多い.解離性昏迷は精神病性混迷と区別が困難の場合も多い.

Ganser症候群は的外れの応答や虚偽の症状を特徴とする拘禁反応であって、改善後に症状については健忘を残す.

解離性感覚障害は近くの過敏・減弱.脱失を、解離性運動障害は不随意運動や不随意の脱力・筋力低下・失調を呈するため、てんかん発作との鑑別が必要となる.

これrの解離症状に対してはベンゾジアゼピン系抗不安薬が用いられることも多いが、治療効果画」確立した薬物療法はない.解離においては意図しない事故が多いため安全を確保し、回復を支援することが重要となる.Dissection Disorder.

« Back to Glossary Index

投稿者:

吾郎

2020年6月にブログ開設.生き延びるための様々な問題を精神病理学に基づいて取り扱っています!ぜひぜひ気軽に遊びに来て下さいね.Our articles include essay, translation, study about literature, psychiatry(psychopathology), humanities.