集団力学

« Back to Glossary Index

Kurt Lewinは人間が他者と一緒にいる場面では、互いに影響を及ぼし合い、引き付けあったり、反発し合ったりして心理学的「場」を形成すると考え、集団力学(グループダイナミクス)を提唱した.個人同士が引き付け合う時、そこには対人魅力の認知が働いている.対人魅力は、相手との態度の類似性、身近でよく出会う近接性、容姿の好みによる外見性などによって決まる.対人関係は基本的に互いに助け合うことによって維持されている.返報性も重要な要因に挙げられる.援助行動やソーシャルサポートの生起は、人間が持つ愛他性や向社会性によって規定されるほか、援助の結果、自分が得ると期待される利得の正負や大小によっても規定される.

John W, ThibautとHarold H. Kelleyは、他者との関係における利得の計算は、物理的.経済的な変数のみならず、愛情や満足感のような心理的変数をも含んで行われると述べ、社会的交換理論を心理学にまで拡張した.葛藤は、基本的に接近−接近型、回避−回避型、接近−回避型の三類型に分類される.対人葛藤は、人間の攻撃性を引き出すことが多いとされる.攻撃行動の発生には内的衝動説、情動発散説、社会的機能説の三つが指摘されている.Group dynamics.

« Back to Glossary Index

投稿者:

吾郎

2020年6月にブログ開設.生き延びるための様々な問題を精神病理学に基づいて取り扱っています!ぜひぜひ気軽に遊びに来て下さいね.Our articles include essay, translation, study about literature, psychiatry(psychopathology), humanities.