ユング

 カール・グスタフ・ユング.スイスの心理学者・精神病理学者.プロテスタント牧師の子に生まれ、バーゼル大学で医学を学び、チューリッヒ大学講師を経て精神科医として活躍、のちにバーゼル大学教授となった.フロイトの精神分析学から出発、フロイトとともにアメリカに招かれて精神分析を普及させ、国際精神分析協会の創設に関わったが、のちに離脱した.フロイトが性欲動ないし本能のエネルギーと規定したリビドー概念を拡大、これを広く精神的エネルギーとして、人間の正確を内向・外向の2類型に分類した.他に夢や無意識を研究し、神経症の本質は患者とその環境との不適応にあると説いた.Carl Gustav Jung

« Back to Glossary Index

コメントを残す