多変量解析

« Back to Glossary Index

重回帰分析では基準変数が量的変数であるが、質的変数の場合は、判別分析やロジスティック回帰分析が利用される.実験法において刺激間の非類似性データが得られた場合、刺激を多次元空間に布置する方法として多次元尺度法がある.同じ実験法で従属変数が複数測定されたとき、それらを同時に考慮して平均の差を検定する多変量分析もある.分割表(クロス集計表)におけるカテゴリ変数間の連関を調べる方法として、対数線形モデルもある.Multivariate Analysis.

« Back to Glossary Index

投稿者:

吾郎

2020年6月にブログ開設.生き延びるための様々な問題を精神病理学に基づいて取り扱っています!ぜひぜひ気軽に遊びに来て下さいね.Our articles include essay, translation, study about literature, psychiatry(psychopathology), humanities.