プラトン

« Back to Glossary Index

 古代ギリシアの哲学者.アテネの名家に生まれ、早くから政治・文学・科学に関心を持ったが、十代の終わり頃から、ソクラテスを師として約十年間教えを受けた.しかしペロポネソス戦争ののち、師ソクラテスは民衆によって処刑され、政治に絶望した.師の没後、一時メガラに難を避けたが、アテネに帰国した後「ソクラテスの弁明」「饗宴」などを執筆して師の学説を発展させた.のちシラクサに旅をして同市の僭主ディオニュシオスやその義弟ディオンと親交を持った.そのため「ポリテイア」などで自らが構想した理想の国家がこの僭主によって実現されることを期待したが、僭主の野望によって哲学者の理想は裏切られ、逮捕されて危うく奴隷にされるところを、友人の助けでかろうじてアテネに帰国.帰国後アカデメイアを創設.哲学・数学・天文学などを教授・研究するかたわら、政治家、法律家などの国家の指導的人物の養成に尽力した.ディオニュシオスの死によりディオンに招かれ、短期間、政治顧問を務めたが、いずれも彼の理想とは程遠く、失意ののちに帰国した.彼は哲学者による政治を理想を理想とし、個別よりも優越する普遍としての「イデア」こそ真に実在するものとし、「善のイデア」を最高の実在とする観念論的理想主義を唱えた.彼の弟子の中で最大の弟子はアリストテレス.Platōn

« Back to Glossary Index

投稿者:

吾郎

2020年6月にブログ開設.生き延びるための様々な問題を精神病理学に基づいて取り扱っています!ぜひぜひ気軽に遊びに来て下さいね.Our articles include essay, translation, study about literature, psychiatry(psychopathology), humanities.