ポストモダン

 近代的(モダン)な価値観に根拠がなくなった時代を指してポストモダンという.「人々がみな理性的になり真理を求め、社会が進歩し続ける.そして自由が獲得される」といったヘーゲルに代表される「大きな物語」は、西洋的な一元思想に基づく進歩主義的価値観ともいえる.しかし、情報・交通の拡大による文化の移動、価値観の多様化、第三世界の発展によってこのような価値観は衰退した.この時代背景から相対的な真理、構築主義、「現実の社会的構成」などの考えが発達してくることになる.ジャック・デリダ、ミシェル・フーコー、ジャン・フランソワ・リオタールらが有名.

« Back to Glossary Index

コメントを残す