スクールカウンセリング

« Back to Glossary Index

日本の公立中学校へのカウンセラーの配置は、1995年の文部科学省がスクールカウンセラー活用調査研究委託事業を開始し、臨床心理士が派遣されたことに始まる.

スクールカウンセラーによる相談面接は主に、児童生徒と保護者が対象となる.個別面接もあれば、グループ面接になることもある.小中学校の年代では自分の困り感を悩みとして言葉で語ることが難しく、こどもの悩み・迷いが行動化や身体化されることで、教師や周囲の大人が困ったりして心配したりしてスクールカウンセラーに相談が持ちかけられることもある.

保護者が対象のときは、個別面接が主であるが、事例によっては両親面接となることも多い.特に、不登校のこどもにどのように対応したらよいかという相談は多い.こどもへの理解を深め、接し方を考えると同時に親自信が心の安定を回復することが面接の主な目標となる.スクールカウンセリングにおけるコンサルテーションでは、臨床心理学の専門職であるスクールカウンセラーが、教育の専門家である教師と、児童生徒にまつわる問題についてともに考えていく.コンサルテーションは個別面接と同等、あるいはそれ以上に、スクールカウンセラーの仕事のなかで大きな割合を占める.臨床心理活動では「守秘義務」が重要であるが、スクールカウンセリングにおいては「学校全体での守秘義務」という考え方が拡大してきている.

スクールカウンセラーは教師は保護者と協力しながら様々な手法を用いて、児童生徒が抱える問題の解決に当たる.しかしときには、学校外の専門機関の協力が不可欠となる.飛行や暴力のケースには警察や医療、虐待や深刻な家庭の問題があるケースでは家庭への介入が可能な児童相談所や民生委員などの協力が不可欠である.学校に全く来られない不登校のケースでは、市町村が運営する教育センターなどにつながる場合も少なくない.いずれの場合でも、「学校・教師が見守ってくれている」という安心感を与え、連携していくことが重要である.School Counselling.

« Back to Glossary Index

投稿者:

吾郎

2020年6月にブログ開設.生き延びるための様々な問題を精神病理学に基づいて取り扱っています!ぜひぜひ気軽に遊びに来て下さいね.Our articles include essay, translation, study about literature, psychiatry(psychopathology), humanities.