コタール症候群

 種々の臓器や全身が破壊された、あるいは存在しないという否定妄想を中心に、抑うつ、不安、劫罰・憑依妄想、自傷、自殺傾向、痛覚消失、不死妄想を伴う.自責と拒絶が強い点で、ラセーグの被害妄想と対蹠的に記載されたが、疾患分類上の位置づけには議論があり、統合失調症、心気症を含むフランス語圏の離人症、体系妄想とみなされることも.syndrome de Cotard

« Back to Glossary Index

コメントを残す