無意識

 自分自身が意識していない心的構造や内容をあらわす.この概念が精神医学で確立したのはピエール・ジャネとジークムント・フロイトとされる.フロイトはヒステリー症状を患者の意識されない心的外傷体験によると考えたが、後にこれを修正し、無意識的なものに意識化の可能な前意識を区別し、無意識内に抑圧された願望が意識・前意識系に侵入する際に検閲を受け、内容が歪曲されて意識にのぼり、夢や神経症症状の形で現れるとした.ジャック・ラカンは無意識を言語記号と同じような構造をもつものと考えた.無意識を扱う心理学をメタ心理学、深層心理学と呼ぶ.

« Back to Glossary Index

コメントを残す