「記憶/物語」

close up of pictures
Photo by Leah Kelley on Pexels.com

 私達は「歴史」という一本の線を歩んできたと思えば、振り返ると二本、三本と沢山の線の軌跡があるように見える.一体私達はどの線を歩いてきたのだろうか、さきほどまで信憑していたはずの「物語」が疑わしくなってきてしまいそうになる.リラックスしながら一緒に読み解いて行きませんか.

Although we are sure to have walked one straight line of “History”,   there seems to be tracks of two, three or more lines when we look back. Which line did we walk through? Suddenly I am likely to be suspicious of the “narrative”  that I have believed a little while ago. The voices inflame our self-esteem, attempting to conserve the dignity of one’s country from the past to the present. The voices echo with loudly speaking of authenticity of following timeline of our history.

Let us read through together, if you would like to.


Contents

Part I

ENGLISH ver.

 出来事、歴史、記憶と物語、これらを理解すること、語り継ぐこと

Part II

 出来事の暴力性、人の無力さ

Part III

小説の成り立ち、バルザックの「リアル」

Part IV

スピルバーグの「リアル」

Part V

Deceit

Part VI

Politique de la Mémoire

Part VII

表象の不可能性を超えて

Part VIII

偽りのプロット、難民的生

 これら記事は、岩波書店「思考のフロンティア」より出版された、岡真理による「記憶/物語」を読んだ私のエッセイです.考える機会をくださった著者に此の場を借りてお礼申し上げます.