「饗宴」

饗宴

 プラトンの饗宴を扱って、エロスとはなんぞや、ということを考える記事です.プラトンの仕組んだ作品の超絶技巧を是非味わってみませんか.光文社古典新訳文庫の訳を参考にさせていただいております.


Contents

Part I

冒頭からアリストファネスの演説まで

Part II

ソクラテス対アガトン、ディオティマのありがたい話

Part III

アルキビアデス、大いに荒れる

饗宴における人物関係や、アンドロギュヌスの話などはジャック・ラカンの「転移」理解において重要だそうですね.