赤の現象学:IV

九月以来

 現象学のコーナーを立ち上げて、最後に投稿をしたのは去年の九月であった.私の体調があまり良くなくて、ひたすらにクシャクシャな気持ちの方向をブログに向けてなんとか食いしばっていた時期であった.冷たい季節が再び訪れる頃には私の気持ちも少しばかりおとなしくなって、好きな勉強の成果が感じられるようになった.前回の記事、「症例アンネ・ラウ」は思ったよりも沢山の方に読んでいただいた.とても嬉しいことだ.記事は私なりの精神医学へのリスペクトと、患者さんへの敬意を表したのだが、皆さんにはアンネのどのような言葉が琴線に触れただろうか.今回の記事はこれまでとは形式を変えて、いくつか随想を散りばめてから解説を試みたい.

暖かさを感じて

 週末の暖かい日は二月らしからぬ陽気な時間が関東を包んでいた.春のおとずれをますます期待させるような、ワクワクするような日だったと思う.私も早く暖かい季節が来てくれたらいいなと思う.花粉には閉口してしまうが、車の幌は積極的に開けるつもりだ.可怪しいと言われても私には数少ない楽しみなのだから大目に見てほしい.

眩しい声

 以前、別の記事で紹介したラジオ番組の全エピソードを聴き終えた.改めて感想を述べると、稀有で良質な番組だと思っている.COTEN RADIOという番組だ.歴史のデータベースを構築している「株式会社コテン」の代表二人と、福岡県の地域創生を目指している「株式会社BOOK」の代表、計三人が一コマあたり二、三十分程度の放送を毎週放送している.主に世界史の人物・事象に焦点を当てて、「なぜその人物・事象が歴史的に意義があるのか」を固い雰囲気なく楽しそうに深堀りしてゆく.「株式会社コテン」の二人は歴史が好きで大変な物知りである一方、MC役の「株式会社BOOK」代表は歴史に詳しくない立場「歴史弱者」を自称し、謙虚に二人の解説を聴きながら軽妙な合いの手を入れ、核心をついた質問をする.この三人のバランスが良いと私はとても良いと思っている.仲の良い友人が好きな話題で盛り上がるという底抜けに明るい番組かと思えば、歴史上の出来事一つひとつを「一つのケース・スタディ(事例研究)」と捉え、冷静に現代社会にフィードバックする.

 あるエピソードで三人のうち一人が「歴史を学ぶと、個々人の意志とは無関係に社会は変わってゆくことを痛感する、それでも自分は自分のできることをやるしかない」と述べる場面があったように思う.私はこの考えに深く共感したのであった.一歩引いた立場、少し冷めた目線で物事を捉えるような考え方は、自身の被投性を自覚しても先駆的決意で突き進んでいく矜持のように感じられた.ラジオ番組のはずなのに、彼らの存在がとても眩しく感じた.

特別席

 私という存在は社会の中では徹底的に無力であることを自覚するに至ったのは本当につい最近のことである.私という一個体が深刻な機能不全に陥ってから、漸く自分の身の上を理解できた.自分が病気になってからは、この病気の回復を期待しすぎないようにしているし、このまま墓場までに連れ添って一緒に地獄に行けたら良い.

「俺が死んだら、あの世で先生に特別席を用意しておくよ」

 私の担当する、とある患者さんはいつも私に気を遣ってこう言ってくれる.「その時はよろしくお願いします」と私は返す.その方は貴方が考えているよりも遥かに長く入院している方で、五体は満足ではない.痩せた母指球筋が彼の衰弱を物語る.彼の片眼が自身によって失明していることがかつての病態の凄まじさを感じさせる.彼の紡ぐ言葉は文法的に破綻していて、文脈も飛び飛びで前後の連関をなさない.こうした言辞は連合弛緩などで片付けられてしまうかもしれない.しかし彼には彼なりの哲学があることを面接のたびに知る.彼は自分が死にゆく存在であることを常に意識して生きていると思う.彼の言葉には生の諦観と死への期待があるのかもしれない.そうだとしてもその眼差しは会うたびに力強く、私に対する温かみを感じる.なのに私は全く気の利いた言葉を返すことができてさえいない.

 「俺は食べることと眠ることしかできません」(大変立派なことです)

「先生は死後の世界に行ったことある?」「どんなところなんだろうなァ」(案外悪くないのではないですか)

「先生はそばが好きなんだろ?死後の世界で用意しておくよ」(いつもすみません、覚えてくださってありがとうございます)

 私が彼より先に死ぬ可能性は十分ある.誰でもそうだろう.もし彼のあとであったとしても、私にはどうやら特別席があるらしい.だから私はあまり心配していない.特別席にざるそば大盛りで、とろろと蕎麦湯と天ぷらがあればなお嬉しい.

とりあえずエポケーしてみる

 過去に述べた現象学における用語を整理してみる.そもそも現象学というのは、私達が世界の実在をいかにして確信しているかを解明する学問であった.そのために私達は、主体と客観が一致しているということを究明するのではく、近代哲学までの「主客一致」の図式を捨て去る.そして確信している事物に対して、判断停止<エポケー>することで、存在を一旦疑うことを提唱する、すなわち現象学的還元を行うべきだとフッサールは述べた.

 そうすると、貴方の目の前にある、この記事は幻<ファントム>かもしれない.しかし、貴方がこれを見て観取する「白い」「黒い」という知覚的感覚(知覚直観)、「文章だ」「つまらない」「退屈だ」という知識に基づく感覚(本質直観)は貴方の意識に必ずのぼる.眼前の存在は超越であり、どこまでも疑わしい存在だとしても、貴方の感覚は不可疑なのだ.眼前の存在によって貴方の意識にのぼったこれらの感覚は、ブログのごく一部であり、すべてではない.なのに貴方は上記の直観で、文章の存在を、ブログの存在を確信している.知覚直観・本質直観はともに内在と呼び、直観から構成される対象を超越(構成的内在)と呼ぶ.その働きをノエシス、超越そのものをノエマという.こうした意識・思念の性質を志向性とフッサールは呼んだのだった.以上の議論を私は自動車で例えたり、コーヒーに例えもした.ここまでが以前の記事の内容であった.ノエシス・ノエマについて触れていなかったことはお詫びする.

 ここから話す内容はいままでお伝えしていない内容である.先に述べた四つの小論は私の随感である.これは現象学的言い方をすれば、私にとって不可疑な直観に基づく記述である.このブログの存在はどこまでも疑わしいし、読者の存在も疑わしい.私が確信している自身の身体を使って入力した文章も構成的内在に過ぎず、果てしなく疑わしい.しかしながらくどいようだが、私が「嬉しく感じた」こと、「季節外れの暖かさを感じた」こと、「Podcastの番組をいいなと思ったこと」、「患者さんの暖かみを感じた」ことは絶対に疑いようのない確信なのだ.これが貴方にとって超越であろうと.

 

 私と一部の患者さんとの面接は自我と他我を理解する貴重な経験である.なぜか.まずフッサールは、世界が主観の外に実際に存在しているかはわからないし保証できないという.しかし私は何度でもいうが、私は意識にのぼる内在を知り、感動を確信し、志向するノエマを確信している.すなわちこの世界を確信している.世界を確信している、ということは私以外の意思の存在を確信していることでもある.この内在は間主観性とフッサールは呼ぶ.要するに、「お前がそう思っているんだろうと(同じように)私は思う」である.今風にいえば「わかりみが深い」感覚に似ているかもしれない.この対象確信の条件と構造は、誰が内省しても、表現の違いを別として、必ず同じものとして取り外せるはずだ、という理屈である.この確信形成の共通性が自然科学のもつ「客観性」の根拠でもある.

 もし確信条件が違うならどうなるだろうか.それは私と他者の確信構造が異なるにほかならない.「世界の現実性と秩序」=世界・内・存在(ハイデガー)を共有していないことになる.私と他者で生きている世界が異なるのである.これは決してレトリックではない.私と赤ん坊の対象確信は異なるだろうし、統合失調症や高次機能障害などとそうでない方々の確信形成の条件が異なるだろうことは理解できるのではないか.アンネ・ラウという好例を先日示したばかりだ.もう一度、ブランケンブルクの考察を引用しよう.

・世界との関わりの変化(世界の意味指示性が全体に不確実になる)

 いまはもう、いろんな感じが痛く感じられるだけになってしまいました……いろんなことのつながりというのか、ほかの人たちと同じ一つの感じを__世界の感じというようなものでしょうか__もっているというそんな感じがしないんです.以前はなんにもできないっていう感じだったのです.

・時熟の変化(時間構成の問題、時間を経験するということができない)

 現実のうちにとどまることがとてもむつかしいのです.毎日毎日、新たに、はじめからやりなおさなければなりません.

・自我構成の変化.(自然な自明性と自立の弁証法的関係の破綻)

 ここの生活の流れに自分をどのようにあわせたらいいのかわかりません.私にはピンとこないんです……作業療法のときも病棟でも、自主的に働くということができません.

・間主観的構成の変化.他者との関わり.

どうしてほかの人もやはりそうであるのかが、全然感じられないんです.なにもかも、ほんとになにもかもがとても疑わしいのです__生きているということも!

 アンネが他者との間に世界の深い断絶を感じたように、私は医療面接において私と一部の患者さんらの両者に「世界の現実性と秩序」を共有していないであろうことを理解する.ノエマに対する連続的調和が保たれていないのだ.断っておくがそれは正常とか異常とかいう馬鹿に野蛮な手続きで済ませてはいけないと思う.もし貴方が彼らを異常と呼ぶのであれば、それはあまりにも失礼である.だれが好きで精神を病むというのか.面接において私にできる唯一の方法は古典的手法だが、やはり今のところ精神療法しかないと思う.薬物治療は大々前提の治療法であるからここでは述べないことにする.

 私と他者の間に世界確信の断絶を感じた場合、私は私なりになんとか彼らの体験世界を理解しようと努める.いわゆる妄想とされる言辞は彼らなりの世界を構成する要素なのであるから、これを否定することは彼らの存在を脅かすことになる.可能な限り共感と歓待の気持ちで歩み寄ろうとする.それははてしてなく困難である.転移の問題もあるのかもしれない.転移についてはいつか触れたい.

 間主観性こそが世界の存在を基礎づける、というフッサールの考えは私にとって非常に新鮮であった.現象学的還元という方法は本質解明の唯一の強力な手法であり、とりあえずエポケーして疑ってみることは誰でもできる美しい考えであると思う.現象学的な方法で精神病理学を理解する意義も徐々に納得できるようになったし、現在も悪戦苦闘している「ファントム空間論」の最終章の理解に役立つだろうと思う.安永も述べていたが、求められるは精神病理学と神経生理学の架け橋となるものである.この二つの学問をクロスオーバーする何かが、いわばミッシング・リンクのように欠けているのかもしれない.

 と、私はいままで思ってきたが、それは実は大きな誤解なのかもしれないと今では考えている.精神病理学と神経生理学という学問の二項対立の図式で考えるからこそ解明できないのあって、一旦判断中止してみて別の切り口で考えてみることによって新たな突破口ができる可能性が残されている.それは今後の課題に残しておくとして、私はコツコツと精神療法の修練に邁進したいと思う.私にとってはこの現象学という学問は、精神療法を行ううえでの患者さんとの架橋を行うためのかけがえのない橋頭堡であると思っている.

ここまでありがとうございました.

 

 

 

赤の現象学:I

図1
図2

 上の2つの画像をご覧いただきたい.見る人によって感想がきっと違うと思う.「赤い車だな」と感じるのはきっと共通した意見だろうがそれ以上はどうだろうか.「変な顔だ」「俺はあまり好きではない」「やっぱすげえなぁ」「俺実物で見たことあるよ」「昔乗ってましたね」なんて意見があるかもしれない.「もしかしてFerrari?」「そんなことより今日も暑いね〜!!」

 すでに気づいた方もいるかもしれない.上のうち二つは同じ車ではない.どちらかがどちらかを模したものである.そう言われれば「あぁそういうことか」と理解した人もいると思う.一体何のことを言っているのかさっぱりだという方は安心していただきたい.わざとわからないようにしたのであり、わかる方はほとんどいないはずだから.

 この二者を提示して何を言いたいのか.以前の記事で予告した伏線を回収するために今回特集を組んだ.それでも何を言っているのかわからないぞ、という方.ご辛抱いただきたい.この記事は事前の知識がなくても問題ないように作っているつもりなので.

 図1、図2のどちらかは、Ferrari F40と呼ばれるFerrari社が製作した自動車のレプリカの写真である.

「へぇ、そうなんだぁ」という声が聞こえてきそうだ.「ふむふむ、やっぱりそうだったんだね」という洞察に長けた方もいらっしゃるかもしれない.だが、もし違いに気づいた方がいれば、何をもって違うといえるのだろうか.

「ほら、フロントバンパーの形状が違うじゃない、図1は薄いけど図2は厚みがある」

確かにそうかもしれない.でも気の所為かもしれない.

「そんなこと言われたら自信ないよ、ずるいって」

 そういうご意見は真っ当なものだ.まぁ写真だけじゃなくて他にも色々な角度から吟味した方が良いだろう.だがこのブログの性質上、平面以上のことはできない.悪しからず.

 さて、自分の見るもの、聞くもの、触れるもの、味わうものといったものは人にとってかけがえのない感覚で、それらを頼りに私達は生活している.「この魚、鮮度がよさそうだからこれにしよう」と考えてスーパーマーケットで買い物をするし、「以前にしまっておいた煮物、なんだか酸っぱいな、傷んじゃったのかな」と味見をする.

 オンラインで買い物をするときもレビューをよく見て、「なんだか良さそうだからこれにしよう」と考えて決めることも往々にしてよくあることだろう.失敗することもしばしばだが.人々は皆自分の感じたことをもとに判断を下して、意見を述べたり記録する.そうした判断、実践の積み重ねが学問、芸術、文化となっていつしか手の届かない領域まで延長され、広がってゆく.

 「あの先生はあぁ言っていたけれど、私は違うように思う.私はこうだと思うから、私の考えを広めたい」

という人がいたとする.その人は研究者の中でも若手の気鋭であるが、師事する先生の考えはどうしても相容れなかった.新しい学派を興してこれを主流にしようとする.新学派と旧学派が生まれる.

 「どちらとも何をいっているんだ、論点がガバガバじゃないか」という勢力も出てくる.論壇は混迷を極める.徐々に複数の学派が対立して、主流派なぞは存在しなくなり、終いには「かめはめ派」や「唐紅に水くくると派」といった泡沫学派が誕生する.(一体何の学問だろう?)

 このような事態が生じるのはなぜか、という問に対してある哲学者は「主観」―「客観」の不一致が生じるからだ、と言う.自分が思っていることと、世の中で知れまわっていることは一致しないという.そうかも.結局のところ、自分は主観であって、客観になりえない.「客観的に見て」という言い方も畢竟するに主観的な物言いである.

 そういう意見もあるけど、光の速さって誰から見ても一緒じゃない?長さだって、メートル原器があるし、そもそも定規とか巻き尺があるから長さは皆から見ても一緒ですよね.温度も同じことが言えますよね.単位は違っても換算すれば結局同じ話じゃないですか、貴方何がいいたいんですか?

 という辛辣なご意見もいただくに違いない.仰る通りで、光速、温度などは高度な内容を追求しない限りは自明な基本概念や単位と考えられている.しかし、それはすでに「主観」―「客観」を一致したとみなして議論を進めているのではないか?あたかも当然の如く、光の速さは均一だとか数学・物理学の議論が自明性を帯びているからだとされているからでは?私は光速の絶対性や数学の学問の正しさを学術的に論じることはできない.だがおそらく多くの人々は、ごく自然に1+1が2であることを経験的に理解する.自然現象を観察し、帰納的に導くことで公理や法則を発見する.こういった自然科学において、「主観」―「客観」の一致は暗黙に認められている.認めないわけにはいかない.でないと学問が瓦解してしまう.

 ところが、人文科学においてはそうは問屋が卸さない.先程述べた事例があちこちで生じている.例えば心理学はFreud派もいればJung派もいる.Adler派、Klein派……きりがない.政治学においてもイデオロギー対立は生じたままであるし、歴史を巡って、異なる学派はいつも喧嘩ばかりしている.学問を超えてインターネット掲示板でもツイッターでも激しいレスバトルが繰り広げられる.認知科学と称して心の動きを調べる研究があるじゃないかという指摘はあるかもしれない.しかし、それは心という機能が存在するという事前の了解に基づいた研究であり、実証的科学の域を出ない.認識の根本の可能性に迫ってはいない.なぜこんなことになっているのか.

 それはE. Husserlの言葉を借りると近代哲学以来の「認識問題」における謎、すなわち「主観」ー「客観」が一致しない謎が解明されないからだという.またHusserlかぁ…… ほんと亀吾郎法律事務所はHusserlばっかりだなぁ……

 「えっ、じゃあ解明されたら、そのごちゃごちゃした学説や学派は一つのなるのかな」という問に対する答えは今のところない.解明されていないのに解明してからのことを考えるのはちょっと気が早い.でもなんとか、その謎を解き明かしてみようとする努力はなされてきた.

 「認識問題に関する謎」つまりそれは「『主観』―『客観』は決して一致しない」という哲学的原理(以下、「主客不一致」)から出発するが、その解明の試みはR. Descartes, I. Kant, D. Humeらが挑んできたという.結局のところ彼らの意見では主客は一致しないという結論になっている.その後の流れは一度割愛する.

 一方、数学的妥当性など自然科学の分野で主客は一致していることが自明となっている.客観的な認識、妥当な認識によって人類は月面に着陸し、音速を超え、インターネットで世界をつないだわけだ.謎が明らかではないのに、我々は主客一致を前提とした自然科学の確からしさを知っている.なぜだろうか.これをHusserlは次のように問いかけた.

 事象そのものを的確に捉える認識の可能性に反省を巡らすとき、我々を悩ます様々な難題.例えば、それ自体として存在する事象と認識との一致はいかにして確信されるのか.認識はいかにして事象そのものに「的中する」のか.

 主客不一致が真であれば、そもそもなぜ「客観認識」というものが可能なのか(なぜ「的中」しうるのか).いや、じつは不可能なのか.自然科学でなされる主客一致が、なぜ人文科学でなし得ないのか.それはつまり、「認識」の本質とは何か、ということになってくる.

 Husserlによると、この謎を解く手がかりが一つだけある.認識の本質を紐解く方法論が現象学である.

 その方法を現象学的還元(Phänomenologische Reduktion)という.おお〜なんだかかっこいいじゃん.

 問題を解決するためには、「主観」という「客観」対立概念を一度棄てる.その代わりに別の図式で考えてみる.「内在(immanenz)」―「超越(tranzendeniuz)」という関係で.    

ん?

 まず「内在」は現象学的にいうと(Husserlの考えに基づいていうと)、内省によって捉えられる「意識」のありようをいう.誰でも、自分の知覚体験がどんな具合かは内省して見て取れる(知覚を知覚できる).ダジャレで言うと、「おしっこが近くなったことを『尿意』と知覚する」.「内在」は決して「心」だとか心理学的な用語ではない.「心の中」にあるものが内在で、それ以外を「超越」と考えるのはいけない.心理学は哲学ではない.まったく違う.

 「おしっこに行きたくなる感覚は自分だけに与えられた感覚であるから、これは自分にとって申し分なく全くの疑わしさなく、『尿意』である」

 あるいは、

 「あの物体が『Ferrari F40だ』という感覚は自分にとって疑いのないものである、この感覚は誰がなんと言おうと不可侵である」そういった感じだろう.たぶん現象学をおしっことFerrariで例えたのは私だけか.

 さて、内在という概念がものすごくピュアなものであることを説明したところで、Husserlおじさんの話をよく聞いてみる.「内在」は「実的内在」と「明証的に構成された内在(明証的に構成される自己所与性という意味での内在)」にはっきり分かれるんだね、という.この区別が大事なのだとHusserlは言うのだ.

 まず「実的内在」とはなんぞや.これは「どう考えても、どうあがいても誰にとっても現に疑いようのない方法で自らを与えているもの」(=絶対的所与性)を言う.

 つまり、図1、図2を見て、「赤い」「角張っている」「車輪があるな」といった知覚、想起、想像などの「個別な直観」をいう.要はパーツである.要素と言っても良さそうだ.

「いやいや、どう見ても緑ですよ!いやーなんといってもこの球体はすばらしいなぁ!!」ということにはならないから、やはり認識における「決して誰も疑えない契機(要素)」である.

 もう一つは明証的に構成された内在(明証的に構成される自己所与性という意味での内在)」.これは長すぎるので「構成的内在」と呼ぶ人が多い.それは何か.

 それは実的内在を受けて構成された「対象的意味」をいう.例を述べる.

 図1、図2を見て、こう洞察する.「赤くて角張っていて、車輪があって……ワイド&ローなボディに大きなリアウィング.抑揚のないボディで2ドアだろうから、これはクーペボディか.エアインテークがドア後方にあるからミッドシップレイアウトだな.スポーツカーかレーシングカーかな.少しタレ目のようなヘッドライト、その後ろに格納されたハイビームのリトラクタブルライト、サイドミラーがあるから公道走行できるんだろう.じゃあナンバーが取得できるスポーツカーだな.ボンネットの前方にわずかに見えるロゴはおそらく跳ね馬の紋章だ、とすればFerrari F40だろうか」といった具合だ.

 Husserlの言わんとすることは、ある知覚体験を持つとき、「内在」には必ずこの2つの要素の「所与性」が存在するが、これら二つはどちらも絶対の絶対に絶対に疑えない契機(要素)であるということ.二つとも明証的な所与性である(この明証性が病的に破綻した場合はおそらく精神病圏へ足を踏み入れるのだろう).

 では、超越とはなんだろうか.念の為申し上げておくと、これまで拙作のブログ記事を読んでくださった方は超越を混同してしまうかもしれない.ここで出てくる超越は全く別の使い方をする.哲学における超越は結構重要な用語なので誤解して欲しくない.

 「内在」は絶対に疑えない要素、「超越」は反対に、必ず「疑わしさ(可疑性)」を持つ.また、例を出そう.

 図1、図2を見て「これらはFerrari F40だ」と思ったとする.これを「内在」―「超越」で考える.「これらはFerrari F40だ」という認識は実は「超越」的な認識である.

 なぜか.実はどちらもFerrariではなくてPontiac社のFieroかもしれないからだ.Pontiac FieroはFerrari F40のレプリカベースでよく知られている.失礼な言い方をすると劣化レプリカである.もしかすれば車ではなくて、精巧に作られたハリボテかもしれない.実在性がわずかでも疑わしいもの(可疑的であるもの)は皆「超越」といわれる.すべての超越的認識は可疑性をもつ.この点に関してHusserlおじさんはしつこい.

 あれ?さっきF40の説明の件で構成的内在って言ってなかったっけ?ごちゃごちゃしてくる方がいるかもしれない.しっかり言っておくと、F40の実在性に関しては可疑的なのだということだが、図を見て「これらはFerrari F40だ」と思う意識体験自体は、決して疑いようのないものだということだ.わからない?大丈夫.まだ話は終わっていないから.

 車の写真を見せられたと思ったらいつのまにか哲学の話になっていた、と思った方がいらっしゃればそれは筆者冥利に尽きる.この話はもう少し連載するので興味を持ってくださったらとても嬉しい.ご期待いただければ幸いである.

ここまで読んでくださってありがとうございます.